HOME          −JAN 1992−           他の年

友人M氏との旅、プラハで事件続発!


月 日 宿 泊 地 旅行記

12月21日

ミュンヘン

     22日 ザルツブルク
   23日 ザルツブルク
   24日 プラハ

   25日 プラハ

   26日 ウィーン

    27日 ウィーン
    28日 ウィーン

-1-

月 日 宿 泊 地

12月21日

ミュンヘン
     22日 ザルツブルク
   23日 ザルツブルク

12月21日 成田〜ミュンヘン
 同じ職場のM氏は私のパソコンの先輩で、同じアマチュア無線を趣味としている。彼は建築が専門なので、ヨーロッパには行ってみたかったそうだ。

 飛行機は初めてのサベナ、ブリュッセル空港の日本人係員の対応はすばらしい。ミュンヘンの空港はこの年開港となったフランツ ヨーゼフ シュトラウス空港だ。

 宿は駅のすぐ近くで、以来ミュンヘンの定宿となる Senefelder だ。


12月22日 ミュンヘン〜ザルツブルク
   23日 ザルツブルク

ミュンヘンの市庁舎

 観光はノイハウザー通りからヴィクトアーリエン広場までを見ただけだったが、M氏はひどく感激していた。ペーター教会の塔に登ったが、高所恐怖症なんだそうで、塔の上では外へ出ようとしなかった。昼食は有名なホフブロイで。彼は大のビール党だ。そして、こんな町に住んでみたいと言う。

 午後の列車でザルツブルクへ。宿は、ここも定宿となる Am Dom 、おばあさんとその息子(多分)の応対が暖かい。観光は旧市街とミラベル庭園方面へ。この日は寒かった。音楽祭会場となる祝祭劇場をガイドツァーで見た。その後ザルツブルク城を見学。内部の通路が狭く、いかにも要塞という感じだ。

ザルツブルク市街

  食事をした1日目のK&K、2日目昼のモーツァルトの生家近くのビアホールともいい雰囲気だった。宿の1階が中華料理店になっていて入ると、メニューに日本酒があり、冷やかしに頼むと、銚子とお猪口が出てきた。

 コンサートはレジデンツ内リッターザールでブレッサー八重奏団によるモーツァルト、ベートーヴェンの曲。観光客向けなんだろうが、まあ雰囲気は楽しめる。

                     


  HOME     他の年